朝は必ず裸になる ― ルーティンで自宅ワークを快適に

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事は約 6 分で読めます。


自宅で働いているフリーランスの仲間からよく聞かれる悩みが「ついダラダラしてしまう」というもの。

僕もそれに悩んでいて、一時期はシェアオフィスも検討しましたが朝のルーティンをしっかり行なうことで自宅でもスムーズに仕事を始められるようになりました。

すこしでも参考になればと思い、今日は僕のルーティンについて書いてみます。
ポイントは、朝、必ず裸になることです。

朝、必ず裸になる

心の強い人、自制心の強い人には必要ないのだと思いますが、僕の場合はしっかりとルーティンを行わないとなかなか仕事に手を付けられません。
この習慣ができるまでは、リビングのソファでiPadを触っていたらもう昼…ということがたまにありました。

とにかく仕事部屋に入ってしまうまでのルーティンをまずは確立します。

8時:起床

僕の起床は7時半から8時のあいだです。
よく「フリーランスだから朝はゆっくりできていいよね」と言われますが、ゆっくりし始めるとその日がそのまま休日になってしまうので、会社勤めの頃とそれほどかわらない時間に目を覚ましています。

ポイントは、起きたらすぐにベッドを整えるか、布団を干してしまうことで二度寝を物理的に防ぐことです。

ちなみに、7時間は眠らないと具合が悪くなるので就寝は24時から25時ごろ
これは制作会社で働いていたころには無理だったので、ここはフリーランスになってよかったところです。

8時半:ジム or 入浴

この時間のジムはガラガラで快適です

平日の月・水・金をジムの日にしているので、朝ドラを見て簡単に支度を済ませたら自宅から徒歩3分のところにあるジムに出かけます。

内容は、上半身を中心にした筋トレを30分、有酸素運動を30分の1時間ほど。
脳内麻薬が出はじめると楽しくなってついつい長めにトレーニングしたくなりますが、これ以上やってしまうと疲れで仕事に支障が出るので切り上げて、帰宅してからシャワーを浴びます。

ジムに行かない日はゆっくり湯船に浸かります。
とにかく、いったん裸になる状況を作って部屋着を脱いでしまうのが大切です。

余談ですが、朝ドラ「ひよっこ」最近ようやく面白くなってきましたね。

9時半〜10時:身支度と洗濯

ジム後のシャワーか入浴で裸になっているので、部屋着を着ずに仕事着に着替えます。
ポイントは、誰とも会う予定がない日でも仕事着をちゃんと着ることです。

僕の場合はタイトめのジーンズとTシャツで、ベルトも締めます。靴下も履きます。
とにかく身体をゆったりさせないことが大事ですね。

ついでに洗濯機を回して、朝食代わりに豆乳プロテインとマルチビタミンを飲んで、すこし休憩です。
前日の夜に急ぎのメールなど来ていたら返信します。

フリーランスでも「定時」を作る

洗濯物を干したら仕事をはじめます。
僕の場合は11時の定時には必ず仕事部屋に入るようにしていて、ここを過ぎると「遅刻」です。

遅刻したところで誰に怒られるわけでもないのですが、定時を作ることで目先の仕事がなくてもとりあえず出勤する習慣を作るのが目的です。
自宅オフィスなので通勤時間は5秒ほどですが、それを「出勤」と捉えたほうがリズムをとれるのは、会社勤めだった期間が長かったからかもしれません。

11時:仕事開始

ここで僕が「第二朝食」と呼んでいるものを摂ります。

熱いコーヒーとヨーグルトです。(写真は撮影のために11時半になってますが、いつもこれを11時に摂ってます)

ここで第二朝食を摂るのは、僕の集中力がもっとも高まる11時から14時のあいだに昼食の時間をとらないためです。

この時間内には打ち合わせをできるだけ入れず、RSSからの情報インプットや企画書制作、新企画のプランニングなどに当てます。

ちなみに、朝必ず見ているのが、GIGAZINEのヘッドラインニュース
ネット界隈で話題になったニュース、ツイートなどがざっと一覧できるので話題に乗り遅れないように欠かさず読むようにしています。

14時:昼食

14時までの集中タイムが終わったら、昼食です。
たいていは自宅で、自分の作ったものを食べています。

15時:後半戦スタート

昼休みを15時ごろまでとったら、後半戦のスタートです。

基本的には14時までで「その日に必ず済ませたい仕事」は済ませているので、あとはタスクリストを最後まで消化すれば終業。18時か19時には仕事部屋を出ます。

1日7〜8時間の就業なので、一般的な企業とそれほど変わりません。
仕事柄、たまには徹夜もありますけどね。

ルーティンに振り回されない

このように、僕は起床からジム(または入浴)→着替え→朝食→洗濯→第二朝食→昼食と細かいルーティンを設けています。
が、大事なのはこれらを確実に行なうことではなく、むしろ振り回されないことだと思っています。

二日酔いでジムに行けない、昼から打ち合わせがあるから第二朝食はとらない、など体調や仕事相手の都合でルーティンが行えないことはよくあります。

そんな事情でルーティンが崩壊して仕事に影響が出ては本末転倒。
やれないならやれないで仕方がないくらいに思っておくように気をつけています。

僕の場合は朝、いちど裸になる習慣だけは死守して、あとは流れにまかせてやれればやる、というスタンスです。

朝の時間をダラダラ過ごしてしまうという方はぜひお試しください。あとで感謝しますよ。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。