編集

「あなたにとって◯◯とは?」絶対禁止


フリーランスのコンテンツプロデューサーとして携わる仕事で多いのが、オウンドメディアの編集や社員ライターへの講習です。

オウンドメディアの運営は、編集プロダクションが編集する外注運営型か、社員が編集者とライターを兼ねている社員運営型かのどちらかに大きく分けられます。
前者であれば編集者もライターもプロなのですが、後者では多くの場合、編集もライティングも未経験のメンバーで運営されます。

そこで、僕の出番です。
昨年までkakeruの編集長を務めていましたが、そこがまさに社員運営型でした。通常の編集長業務(編集方針の策定、運営、企画、記事チェックなど)とは別に、社員ライターへの講習も行いましたが、そこで特に力を入れて教えていたのがインタビューの作法です。

続きを読む

文章に携わる仕事をするなら「国語辞典」よりも「類語辞典」


今年の1月に小学館の「精選版 日本国語大辞典」のアプリが登場したのを覚えている方も多いでしょう。
7,800円(発売時は期間限定で4,800円)と高額なアプリですが、45,000円とまさしく桁違いの書籍版と比較すれば「買うしかない」と大きな話題になりました。

このアプリを作っているのは、辞書・学習系アプリで有名な物書堂
そんな物書堂にはもうひとつ、文章に携わる仕事をしている人には欠かせないアプリがあります。
それが、「類語新辞典」です。

続きを読む

ウェブの編集者・ライターこそ持つべき1冊 ― 共同通信 記者ハンドブック


仕事部屋には本も紙資料もできるだけ置かずに過ごしたいので、読書はkindleにほぼ統一し、紙資料はScansnapでスキャンしてシュレッダーにかけてしまっています。

が、そんな中で常に手に届くところに置いている本が共同通信社の「記者ハンドブック」、いわゆる「記者ハン」です。
ペーパーメディアのためのものというイメージがあるようでウェブ界隈の人はあまり使わないのですが、ウェブメディアでも、いやウェブメディアでこそ使うべきだと思います。

続きを読む

その原稿に“サービス精神”はあるか


僕はコンテンツプロデューサーを名乗ってフリーランスで仕事をしていますが、その中にはさまざまな業務が含まれています。
よくあるもので言うと、制作プロデューサー、コンサルタント、ディレクター、プランナー、コピーライター、ライター、そして編集者です。

時期によってどのタイプの仕事が多いか変わってくるのですが、最近は編集者としての仕事が多く、企画構成や原稿チェックをよくしています。

その中で、長年考えていたことがふと理解できた瞬間がありました。

続きを読む